【婚活&結婚相談コラム-事実婚とは・・・】

夏真っ盛りの空より、夏の終わりの空の方が綺麗に感じる浜松湖西婚活サービス結いスタッフ兼ライターのS・Nです。

婚活の婚活&結婚相談コラムでは最近頻繁に聞くようになってきた「事実婚」をテーマにお話させていただきます。

 

konkatsu_ring

さてさて、昨今では生活にしろ仕事にしろ、さまざまな選択肢を選べるようになってきました。

結婚にも選択肢があります。婚姻届を役所に届けて結婚をするというのが主流ですが、それだけではなく「事実婚」という選択もあります。

今回は結婚のひとつのカタチの事実婚について調べてみました。

 

事実婚とは

 

事実婚とは・・・

難しく言えば

 

結婚届を出さないで、事実上の夫婦生活を営む結婚形態。

法律上の婚姻をしていないが,社会的に夫婦と同一の生活を送っていること。

 

簡単に言えば

 

事実婚とは、婚姻届けを提出してないけれど、お互いに夫婦と認め合っていて、生計を共にしているカップルのことを言います。

 

事実婚カップルは住民票の続柄を「妻(未届)」と記載することで、婚姻届を提出する法律婚夫婦とまったく同じとはいかなくても、それに近い扱いを受けることができます。

日本では夫婦別姓の制度がないため、夫婦別姓を公言している夫婦は「事実婚」だと考えて良いでしょう。

つまり同棲していても、お互いに「夫婦」という認識がなければ事実婚にはあたりません。

 

事実婚と同じ意味で「内縁関係」という言葉があります。

これから派生して、お互いが婚姻の意思をもって共同生活を送っているものの、婚姻届を提出していない場合の女性のことを「内縁の妻」と言います。

hamamatsu_konkatsuyui (2)

 

事実婚のメリット

 

・事実婚のメリットとして挙げられるのが

・法的な縛りでは無い

・両親や親族の問題に巻き込まれない

・相続問題に巻き込まれない

・どちらかが改姓しなくて良い。

・相手の家族や親戚との付き合いに、自分の意思で距離を持てる。

・結婚届という紙一枚に左右されず、対等なパートナーシップを築きやすい。

・別れても戸籍に傷がつかない。

などなど、生活に直結しているものから精神面の部分もあります。

 

事実婚のデメリット

 

・相手と自分の家族や親戚の理解を得るのが大変

・社会的信用を得にくい

・いちいち説明するのが面倒くさい

・税金の配偶者控除を受ける事ができない

・子供が非摘出子になる(事実婚の継続が難しくなるという事に繋がります)

・相続権がない(しかしこれは遺言で相続できるが、相続税がかかります)

・生命保険の受取人に指定するのに手間がかかる。

・「結婚届」という紙1枚の拘束がない分、気持ちだけで繋がっているという不安定さがある。

 

事実婚にはメリットもあればデメリットもあります。

ただそれは、結婚にもありますから、どちらが良いや悪いはありません。

事実婚も結婚のひとつのカタチです。

お互いで話し合いベストな選択をしましょう。